ゲーム依存の病気認定・依存症・ニュースが話題

ゲーム依存 話題



ゲーム依存とは

ゲーム依存症(ゲームいそんしょう、ゲームいぞんしょう)またはゲーム症/ゲーム障害(ゲームしょう/ゲームしょうがい、Gaming disorder)とは、普段の生活が破綻するほどの、持続的かつ反復的なゲームへののめり込みを指すものであり、ネットホリックに類型される精神症状の問題の一つであるとされる。

WHO(世界保健機関)が2018年に6月18日に公表した ICD-11(国際疾病分類 第11版)では「物質使用症(障害)群または嗜癖行動症(障害)群 – 嗜癖行動症(障害)群」および「衝動制御症群」カテゴリにおいて「ゲーム症(障害)」が採用された。

ICD-11における「ゲーム」とはデジタルゲームまたはビデオゲームを指し、インターネットを使用したオンラインによるものも、オフラインによるものも含まれる。

ネット上で不特定多数の者とプレイできるオンラインゲームに関しては、「インターネットゲーム障害」としてアメリカ精神医学会(APA)のDSM-5(2013年)ですでに記述されている。
ただしこの「インターネットゲーム障害」は「今後の研究のための病態」であり、公式の精神疾患として採用するためには証拠が不十分と判定されたもので、今後の研究が推奨される病態として基準が示されたものである。

なお、本記事では、日本精神神経学会によるICD-11新病名案草案 に基づき、Gaming disorderを「ゲーム症(障害)」と表記する。
wikipedia抜粋

「ゲーム依存病気認定」「ゲーム依存依存症」「ゲーム依存ニュース」という言葉が話題です。


https://twitter.com/shiopiggg/status/1132804484789284864


https://twitter.com/kouya2497ritai/status/1132803767487754241

ゲーム依存の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました