エール花火の全国・どこ・場所が話題


エール花火 話題


エール花火とは

全国花火競技大会(ぜんこくはなびきょうぎたいかい)は、秋田県大仙市大曲地区(2005年まで大曲市)の雄物川河川敷運動公園において、例年8月最終土曜日に開催される花火大会であり、一般に「大曲の花火」として知られている。「日本三大花火大会」、かつ、「日本三大競技花火大会」の1つとされる。

1915年(大正4年)から当大会の正式名称は現称であるが、約30年後の1946年(昭和21年)に茨城県土浦市の競技花火大会が当大会と同名に変更したため、同年から半世紀弱の間、同名の花火大会が2つ存在する状況が続いた(この時期に「大曲の花火」の通称が浸透)。しかし、1992年(平成4年)より土浦が「土浦全国花火競技大会」に改称したため、2つの大会が同名である状況は解消した。

2000年(平成12年)からは、全国で当大会と土浦の2つの競技大会にのみ内閣総理大臣賞が授与されている。日本政府の国務大臣および長官から授与される賞の数は当大会が5つと、2番目に多い土浦の3つを上回って全国の競技花火大会の中で最も多い。また、日本で唯一の昼花火の競技大会もある。

当大会は、選抜された28社が、3部門の全てに出場し、夜花火の2部門での総合評価によって優勝者(内閣総理大臣賞)を競う。すなわち、花火師としての総合力(ジェネラリスト)を問う大会と言える。一方、約70社が出場し、スターマインの日本一(スペシャリスト)を決める土浦とは趣旨が対照的である。
wikipedia抜粋

「エール花火全国」「エール花火どこ」「エール花火場所」という言葉が話題です。

エール花火の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました