雨雲レーダーの真っ赤・夕立・土砂降りが話題


雨雲レーダー 話題


雨雲レーダーとは

気象レーダー(きしょうレーダー)は、気象状況を観測するためのレーダーである。アンテナから電磁波を放射し、反射して返ってくる電磁波を分析することで、雨や雪の位置と密度、風速や風向などを観測している。レーダーの種類にはいくつかあり、それぞれ観測できるものが異なる。

気象学においては、気象現象の観測に重要な役割を果たす機器であり、1950年代から普及し始めた。工学においては、リモートセンシング技術の1つに位置づけられる。
wikipedia抜粋

「雨雲レーダー真っ赤」「雨雲レーダー夕立」「雨雲レーダー土砂降り」という言葉が話題です。

雨雲レーダーの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました