聖火リレーの反日行動・日本政府・長野が話題



聖火リレー 話題

聖火リレーとは

オリンピック聖火(オリンピックせいか、独: Olympischer Fackellauf、英: Olympic Flame、仏: Flamme olympique)は、国際オリンピック委員会の権限の元、ギリシャのオリンピアでともされる火のことであり、オリンピックの象徴でもある。

オリンピック大会開催期間中、主競技場でともされ続ける。その起源は古代ギリシア時代に遡り、ギリシア神話に登場するプロメーテウスがゼウスの元から火を盗んで人類に伝えたことを記念して、古代オリンピックの開催期間中にともされていた。聖火は、1928年アムステルダムオリンピックで再び導入されて以来、近代オリンピックの一部であり続けている。

なお、現在の聖火リレーは、1936年にドイツのベルリンで開催された1936年ベルリンオリンピックで、導入された。
wikipedia抜粋

「聖火リレー反日行動」「聖火リレー日本政府」「聖火リレー長野」という言葉が話題です。

聖火リレーの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました