政局影響の不安・健康・病院が話題



政局影響 話題

政局影響とは

小御所会議(こごしょかいぎ)は、江戸時代末期(幕末)の慶応3年12月9日(1868年1月3日)に京都・小御所にて行われた国政会議。同日に発せられた王政復古の大号令において新たに設置された三職(総裁・議定(ぎじょう)・参与)が行った最初の会議である。大政奉還した徳川慶喜の官職(内大臣)辞職および徳川家領の削封が決定され、倒幕派の計画通りに決議されたので王政復古の大号令と併せて「王政復古クーデター」と呼ばれることもある。その一方で、この時期までにしばしば浮上しては頓挫した、雄藩連合による公議政体路線の一つの到達点という面も持ち合わせていた。

この頁では小御所会議前後の状況も併せて記述する。
wikipedia抜粋

「政局影響不安」「政局影響健康」「政局影響病院」という言葉が話題です。

政局影響の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました