太陽の子の三浦春馬・トレンド・ドラマが話題



太陽の子 話題

太陽の子とは

『太陽の子』(たいようのこ、てだのふあ[注 )は、灰谷健次郎の長編小説(児童文学)である。1978年に理論社から単行本が出版された。挿絵を田畑精一が担当した。のち、新潮文庫版が刊行されたが、1997年に起きた神戸の事件の流れで絶版となり、現在は角川文庫版が刊行されている。

太平洋戦争の終戦から30年後の神戸市を舞台に、沖縄県出身者を両親に持つ少女が、父の精神疾患をきっかけに沖縄戦や沖縄県出身者の置かれた立場と心情に触れていく様子が描かれている。「てだのふあ」という読み方は沖縄方言によるものである[注 。

1980年に浦山桐郎監督で映画化。テレビドラマとしては、1979年にMBSテレビで単発ドラマとして、1982年にNHK総合テレビジョンの『ドラマ人間模様』枠で、それぞれ放映されている。このほか、舞台劇として前進座などで上演実績がある。2019年にはミュージカルカンパニー イッツフォーリーズがミュージカル化。
wikipedia抜粋

「太陽の子三浦春馬」「太陽の子トレンド」「太陽の子ドラマ」という言葉が話題です。

太陽の子の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました