シャビのイニエスタ・バルセロナ・選手が話題



シャビ 話題

シャビとは

シャビ(Xavi)ことシャビエル・エルナンデス・クレウス(Xavier Hernández Creus, カタルーニャ語: [ˈ(t)ʃaβi ərˈnandəz ˈkɾɛws スペイン語: [ˈtʃaβj erˈnandeθ ˈkɾeus; 1980年1月25日 – )は、スペイン・カタルーニャ州バルセロナ県タラサ出身の元サッカー選手。サッカー指導者。元スペイン代表。現役時代のポジションはミッドフィールダー。父親はセミプロの元サッカー選手、ホアキン・エルナンデス。

FCバルセロナの伝統的なプレースタイルであるティキ・タカの具現化であると見なされており、史上最高のセントラルミッドフィールダーの一人、史上最高のスペイン人選手と広く考えられている。バルセロナとスペイン代表で獲得したタイトル数31はアンドレス・イニエスタに抜かれるまではスペイン人選手の最多記録であった。

シャビは1991年にバルセロナの育成機関であるラ・マシアに11歳で入り、1998年8月にマヨルカ戦で18歳でトップチームデビューを果たした。バルセロナではチームの中心として8度のリーガ・エスパニョーラ優勝と4度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験。クラブ史上初めて国際試合150試合に出場した選手にもなった。2009年のFIFA最優秀選手賞で3位になり、その後継賞であるFIFAバロンドールでは2010年と2011年に3位に、2011年にはUEFA欧州最優秀選手賞で2位となった。FIFProベストイレブンを2回、UEFAチーム・オブ・ザ・イヤーを2回受賞。ラ・リーガでは2001年以降で全体2位となる通算130アシストを記録した。

2000年にスペインA代表デビューを果たした後、スペインの中心選手として通算133試合に出場した。2010 FIFAワールドカップでのスペインの初優勝、およびUEFA EURO 2008とUEFA EURO 2012の連覇に不可欠な役割を果たした。EURO 2008では大会MVPに選出され、2010 FIFAワールドカップで91%のパス成功率を達成しワールドカップオールスターチームに選出された。

表記においてシドニーオリンピックのあたりまでチャビと表記するメディアもあったが、2002 FIFAワールドカップからはほぼシャビで統一されている。なおスペインにおいてXavierはカタルーニャ語でシャビエル、カスティーリャ語でハビエルと一般に発音されるが、個別にどう発音されるかは本人の意向が尊重される。意向が不明な場合は年齢やカタルーニャに対する政治的シンパシーによって差があるようである。
wikipedia抜粋

「シャビイニエスタ」「シャビバルセロナ」「シャビ選手」という言葉が話題です。

シャビの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました