カムパネルラの米津玄師・ドキ・好きが話題


カムパネルラ 話題


カムパネルラとは

『銀河鉄道の夜』(ぎんがてつどうのよる)は、宮沢賢治の童話作品。孤独な少年ジョバンニが、友人カムパネルラと銀河鉄道の旅をする物語で、宮沢賢治童話の代表作のひとつとされている。

作者の死により未定稿のまま遺されたこと、多くの造語が使われていることなどもあって、研究家の間でも様々な解釈が行われている。この作品から生まれた派生作品は数多く、これまで数度にわたり映画化やアニメーション化、演劇化された他、プラネタリウム番組が作られている。
wikipedia抜粋

「カムパネルラ米津玄師」「カムパネルラドキ」「カムパネルラ好き」という言葉が話題です。

カムパネルラの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました