ワクチン6000万人分の日本政府・ファイザー・コロナが話題

ワクチン6000万人分 話題



ワクチン6000万人分とは

ヒトパピローマウイルスワクチン (HPVワクチン、HPV予防ワクチン、子宮頸癌ワクチン) は、特定のヒトパピローマウイルス(Human papillomavirus:HPV)の持続感染を予防するワクチンである。HPVは、子宮頸癌、尖圭コンジローマ、肛門癌などの癌の発生に関係する。アメリカ食品医薬品局(FDA)では45歳までの男性および女性に接種を推奨している。HPVワクチンの接種は、定期的な子宮癌検診を代替するものではなく、接種後も子宮の定期検診が必要である。
wikipedia抜粋

「ワクチン6000万人分日本政府」「ワクチン6000万人分ファイザー」「ワクチン6000万人分コロナ」という言葉が話題です。

ワクチン6000万人分の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました