風と共に去りぬの映画・メラニー・スカーレット・オハラが話題



風と共に去りぬ 話題

風と共に去りぬとは

『風と共に去りぬ』(かぜとともにさりぬ、英語: Gone With the Wind)は、マーガレット・ミッチェルの長編時代小説。題名は南北戦争という「風」と共に、当時絶頂にあったアメリカ南部白人たちの貴族文化社会が消え「去った」事を意味する。
wikipedia抜粋

「風と共に去りぬ映画」「風と共に去りぬメラニー」「風と共に去りぬスカーレット・オハラ」という言葉が話題です。

風と共に去りぬの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました