市中感染拡大の感染者・濃厚接触・キャンペーンが話題

市中感染拡大 話題



市中感染拡大とは

新型コロナウイルス感染症の流行(しんがたコロナウイルスかんせんしょうのりゅうこう)では、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染によって引き起こされる急性呼吸器疾患(COVID-19)の世界的流行について説明する。

2019年11月22日に中華人民共和国湖北省武漢市で「原因不明のウイルス性肺炎」として最初の症例が確認されて以降、武漢市内から中国大陸に感染が拡がり、中国以外の国家と地域に拡大していった。2020年1月30日に世界保健機関 (WHO) は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態 (PHEIC)」を宣言、2月28日にはこの疾患が世界規模で流行する危険性について最高レベルの「非常に高い」と評価し、3月11日、テドロス・アダノムWHO事務局長はパンデミック(世界的流行)相当との認識を表明した。

2020年7月13日時点で215の国と地域に渡り、感染者13,129,946人、死者573,198人、回復者7,641,979人となった。

潜伏性の高いウイルスの特性から、全世界が感染症の危険に晒され、ロックダウンや入国制限、オリンピック延期など、人類が過去に経験していない事態に陥った。パンデミックを収束させるために実施されたロックダウンなど各種政策において、反グローバリズム、反民主主義的な措置も一部必要となり、世界の体制に大きな変化を及ぼした。また経済的にも打撃は大きく、国際通貨基金 (IMF) は、2020年の世界GDP成長率が-3.0%になるとの予測を発表した。この負の成長率は2008年のリーマン・ショック時の-0.1%を遥かに超える値で、1929年の世界恐慌(当時の世界GDP成長率は-15.0%)以来の大恐慌となり、各界でコロナ・ショックとも称された。さらにシャットイン・エコノミー(家に閉じこもる経済)が出現し、世界経済の在り方は大きく変化していった。コロナ・ショック前後の社会を区別するため、Beforeコロナ(ビフォアコロナ)およびAfterコロナ(アフターコロナ)、Underコロナ(アンダーコロナ)、Withコロナ(ウィズコロナ)などの用語も提唱されている。
wikipedia抜粋

「市中感染拡大感染者」「市中感染拡大濃厚接触」「市中感染拡大キャンペーン」という言葉が話題です。

市中感染拡大の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました