出血性胃炎のストレス・松井雅人・大丈夫が話題


出血性胃炎 話題


出血性胃炎とは

胃炎(いえん、英: gastritis)とは、胃に起きる炎症のことである。そのエピソードは短期もあれば、長期にもなりえる。自覚症状がないこともあるが、症状がある場合に最も一般的なのは、上腹部の痛みである。ほか、悪心、嘔吐、鼓脹、食欲不振、胸やけなども起こりえる。合併症には胃出血、胃潰瘍、胃腫瘍などがある。萎縮性胃炎のケースではビタミンB12不足により貧血が起こっており、これは悪性貧血をひきおこす。

最も一般的な原因は、ヘリコバクター・ピロリへの感染と、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)使用によるNSAID潰瘍である。その他の原因には飲酒、喫煙、コカイン、深刻な病気、萎縮性胃炎、放射線療法、クローン病がある。検査には内視鏡、消化管造影検査、血液検査、便検査などが役立つ。また胃炎の症状は心筋梗塞の症状でもありえる。 ほか同様の症状を示すものには膵臓炎、胆嚢疾患、消化性潰瘍などがある。

胃炎の予防は原因となるものを避けることである。治療には制酸剤、H2ブロッカー、プロトンポンプ阻害薬などの薬が使われる。急性発作の場合には粘性のあるリドカインの服用が助けになりえる。胃炎がNSAIDsによる場合は、これを中止する。ピロリ菌が存在する場合には、抗生物質の組み合わせで除菌する。悪性貧血であるときは、、ビタミンB12を経口または注射で摂取する。一般的に患者には、胃を痛める食事を避けるよう助言されている。

胃炎は世界のおよそ半分の人々に発生しているとされている。2013には約9000万人が新たに発症した。加齢に従って胃炎はより一般的になる。初期の経過は腸に起こる十二指腸炎と似ており、これにより2015年には5万人が死亡している。ピロリ菌は1981年にバリー・マーシャルとロビン・ウォレンにより初めて発見された。
wikipedia抜粋

「出血性胃炎ストレス」「出血性胃炎松井雅人」「出血性胃炎大丈夫」という言葉が話題です。

出血性胃炎の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました