骨太方針のデジタル化・政府・骨子が話題


骨太方針 話題


骨太方針とは

骨太の方針(ほねぶとのほうしん)とは、内閣総理大臣小泉純一郎が「聖域なき構造改革」の着実な実施のために経済財政諮問会議にて決議させた、政策の基本骨格。

総理の政治任用したブレーンが「骨太の方針」として総論を作成し、各論を各省庁(大臣)に作らせ諮問会議で発表させ、その各論の実施プロセスを工程表として提出させ、定期的にその進捗状況を報告させることで、政策実施の進行管理を行った。

当初は2001年6月に答申された「経済財政運営と構造改革に関する基本方針」としてとりまとめられ、2007年版においては、2006年まで使用した「経済財政運営と構造改革に関する基本方針」の名称を簡略にし、「経済財政改革の基本方針」と変更している。
wikipedia抜粋

「骨太方針デジタル化」「骨太方針政府」「骨太方針骨子」という言葉が話題です。

骨太方針の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました