末期感の政権・あたり・感じが話題


末期感 話題


末期感とは

統合失調症(とうごうしっちょうしょう、英語: Schizophrenia、フランス語: Schizophrénie、ドイツ語: Schizophrenie、イタリア語: Schizofrenia、デンマーク語: Skizofreni、スペイン語: Esquizofrenia SZ)は、思考、知覚、感情、言語、自己の感覚、および行動における他者との歪みによって特徴付けられる症状を持つ、精神障害の一つである。

一般的に幻聴や幻覚、異常行動が見られるが、患者によって症状のスペクトラムは多様である。エミール・クレペリン、オイゲン・ブロイラー、クルト・シュナイダーが共通して指摘した、当該疾患の特徴的で頻発する症状は「思考途絶(連合障害)」と「思考化声(自生思考)」である。日本では2002年(平成14年)まで、精神分裂病(せいしんぶんれつびょう)と呼称されていた。

統合失調症は、精神病理学あるいは臨床単位上の精神障害の診断・統計カテゴリーの一つである。この疾患群は、自閉症状と連合障害(認知障害)を基礎疾患とする複数の脳代謝疾患群と考えられている。各症状が同根の神経生物学的基礎を有するか否かは、現在のところ不明である。発症のメカニズムや根本的な原因は解明されておらず、また、単一の疾患ではない可能性が指摘されており、症候群である可能性がある。様々な仮説が提唱されているが、未だに決定的な定説が確立されていない。

有病者の人数は世界で2,100万人(男性1,200万人、女性900万人)ほどで、患者の死亡率は一般人口より2.0 – 2.5倍ほど高い。成人の年間有病率は0.1 – 7.5%、生涯有病率は0.1 – 1.8%と世界保健機関は報告している。世界の障害調整生命年(DALY)のうち約1%を占める。日本では71万3千人の患者がいると推計されている。精神疾患として深刻なもの(Severe mental disorder)とされるが、治療が可能な病気である。しかし、患者の2人に1人は受診につながっていない。この疾患の担当診療科は精神科であり、精神科医が治療に当たる。世界保健機関は、低所得国および中所得国を対象とした計画である Mental Health Gap Action Programme (mhGAP) を策定し、クリニカルパスおよび診療ガイドラインを作成、公開している。
wikipedia抜粋

「末期感政権」「末期感あたり」「末期感感じ」という言葉が話題です。

末期感の口コミ

今!バズり中の記事・話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました