個人番号のマイナンバーカード・通知カード・カード交付が話題

個人番号 話題



個人番号とは

個人番号(こじんばんごう)とは、日本に於いて「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づき、個人の識別番号として各市町村または特別区からその住民に指定される12桁の番号である。通称は「マイナンバー(英: My Number)」。なお、法人や団体などには、個人番号の代わりに同じ根拠法で法人番号が指定される。

個人番号カード交付が始まり、従来の住民基本台帳カードの新規発行は行われなくなった(2015年(平成27年)12月末終了)。ただし、それ以前に交付を受けた住基カードは、有効期間内はそのまま利用できる。しかし一度個人番号カードの交付を受けると、有効期間内であっても住基カードは返納しなければならない。

住民基本台帳ネットワークシステムと個人番号法システムを併用することの効率性については賛否がある。

住民基本台帳ネットワークシステムより以前の個人番号のような制度の変遷の動きについては、国民識別番号および納税者番号制度、そして個人番号カードに相当する社会保障カードを参照されたい。
wikipedia抜粋

「個人番号マイナンバーカード」「個人番号通知カード」「個人番号カード交付」という言葉が話題です。

個人番号の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました