キネマの神様の志村けん・代役・映画館が話題

キネマの神様 話題



キネマの神様とは

『キネマの神様』(キネマのかみさま)は、原田マハの長編小説。2008年12月12日に文藝春秋から単行本が刊行された。のち、2011年5月10日に文庫化された。

作者の原田は「本作は限りなく私小説に近いというか、物語の3割ほどは実体験に基づいたものである。残りの7割はファンタジー風になっているが、自分の人生がこんな感じになればいいなという願望を込めた部分もある」からこそ「父の人生にこんな温かな奇跡みたいなものが起きてほしい」と思って小説を書いたと原田は語っている。さらに原田は「父は無類の読書家だが、若い頃は大変なギャンブル好きでいつも借金を重ねていた。しかし幸いなことに兄が小説家として父のことを書くようになって、自分も作家になってから父のことをあからさまに曝け出すことができるようになった。そのため、父が兄と私にとって創作という作業には欠かせない力となっているのは事実かもしれない」と述懐している。

2018年には舞台化された。また、山田洋次の監督による映画化作品が2020年12月に公開の予定だったが、主演の一人に予定されていた志村けんの新型コロナウイルス感染症による出演辞退と急逝のため、クランクインは未定となっている。
wikipedia抜粋

「キネマの神様志村けん」「キネマの神様代役」「キネマの神様映画館」という言葉が話題です。

キネマの神様の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました