三権分立の検察庁法・改正案・世論が話題


三権分立 話題


三権分立とは

権力分立(けんりょくぶんりつ、けんりょくぶんりゅう、英:separation of powers)とは、権力が単一の機関に集中することによる権利の濫用[注 を抑止し、権力の区別・分離と各権力相互間の抑制・均衡を図ることで、国民の権利・自由の確保を保障しようとするシステムである。対義語は権力集中(権力集中制)。

なお、権力分立の典型例としては立法・行政・司法の三権分立(さんけんぶんりつ、さんけんぶんりゅう)が挙げられるが、地方自治制など他の政治制度にも権力分立原理はみられる(#概説を参照)。権力分立は国家全体についてみると、まず、中央と地方との権限分配がなされ(垂直的分立)、ついで中央・地方でそれぞれ水平的に分配されることになり(水平的分立)、中央では立法・行政・司法の三権に水平的に分配されていることになる。
wikipedia抜粋

「三権分立検察庁法」「三権分立改正案」「三権分立世論」という言葉が話題です。

三権分立の口コミ

コメント

  1. 定年延長を阻止した程度では、内閣と検察との歪な関係は解消できません。
    独立検察官制度が必要。

タイトルとURLをコピーしました