テドロス事務局長のコロナ・中国・世界が話題


テドロス事務局長 話題


テドロス事務局長とは


テドロス・アダノム・ゲブレイェソス(英: Tedros Adhanom Ghebreyesus、ゲエズ文字:ቴዎድሮስ አድሓኖም ገብረኢየሱስ; 1965年3月3日 – )はエチオピア人活動家・研究者。ゲブレイェソスはゲブレイェススと表記されることもある。

公共の保健機関で働き、2017年から世界保健機関の事務局長(Director-General)。エチオピア政府で2005年から2012年にかけて保健大臣を、2012年から2016年にかけて外務大臣を務めた。

テドロスは、アスマラ大学を卒業後、1986年に保健省に入った。国際的に認められているマラリア研究者、保健大臣として、テドロスは、保健サービスを提供し、主要な結果を大幅に改善したことをで、革新的でシステム全体の健康改革を称賛された。その中には、約40,000人の女性を健康増進労働者として雇用し訓練したことが挙げられ、乳児死亡率を2006年には出生1,000人あたり123人の死亡から、2011年の88人まで削減し、医師や助産師を含む健康幹部の雇用を増やした。2009年7月、2年間の任期でAIDS、結核、マラリアと戦うためのグローバル基金(The Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria)の理事長に選出された。

テドロスは、2017年5月23日、総会で世界保健機関の事務局長に選出された。2017年7月1日から任期は5年間。
wikipedia抜粋

「テドロス事務局長コロナ」「テドロス事務局長中国」「テドロス事務局長世界」という言葉が話題です。

テドロス事務局長の口コミ

今!バズり中の記事・話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました