飲食中止の店内・マクドナルド・テイクアウトが話題

飲食中止 話題



飲食中止とは

キャンセル(英: cancellation)は、一般的にはあらかじめ当事者間で契約・約束した事柄の内、どちらか一方の都合で破棄する意味合いで用いられる。日常生活における約束の取り消しや失念、無視などについて使われるほか、法律的には解約・取消・撤回であり、主に予約等の解除を指す場合が多い。

一般的には契約・約束事に際して当事者間で破棄する場合、日時等を変更して代替可能であればそのまま日付の変更する以前の条件で契約事項が守られる場合が多いが、それが不可能の場合、何らかの制裁が破棄する側から破棄されたほうにその補償を発生させる契約もある。飲食店や宿泊施設など商業の場合は、事前の早めに連絡してくれていれば他の客を招いたり、食材の仕入れや調理を中止したりして避けえた機会損失・経済的損失を強いられるため、批判されている行為を指す。別名「予約不履行」「無断キャンセル」「ノーショー(No Show)」とも言われ、社会問題化している。

商品・サービスの提供側が泣き寝入りしたり、予約した側が前払い金の返金や利用日時の変更を受けられたりする場合もあれば、前払い金が没収されたり、本来支払うべき代金の一部または全額を請求されたりすることもある。

一方で、一部テーマパークの入場券のように、事業者側に座席や料理の機会損失が生じていないにも関わらず、誤購入などに伴うキャンセル時の返金を拒否し、消費者側が泣き寝入りを強いられる例もある。これに対して、適格消費者団体などからの批判もある。
wikipedia抜粋

「飲食中止店内」「飲食中止マクドナルド」「飲食中止テイクアウト」という言葉が話題です。

飲食中止の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました