英首相の方針・写真・夏休みが話題


英首相 話題


英首相とは

イギリスの首相の一覧(イギリスのしゅしょうのいちらん)は、イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)の政府の長であり、閣議(内閣の会議)の議長を務めるイギリスの首相の一覧である。

首相職が最初に出現した具体的な日付は存在しない。というのも、イギリスの首相の役割は、ある時点において創設されたものではなく、長い年月を経て進化してきたものだからである。「首相」 (Prime Minister) という用語は、1805年に庶民院で使用され、1880年代までには議会で使用されたことが確かであり、1905年に首相のポストは宮中席次(英語版)において公式に認められた。近現代史研究家らは一般的に、1721年から1742年までの21年間グレートブリテンの政府を率いた、サー・ロバート・ウォルポールが初代首相であると考えている。また、ウォルポールはイギリス史上最も長い期間首相を務めた人物でもある。しかしながら、公式に、厳密に言及される場合は、サー・ヘンリー・キャンベル=バナマンが初代首相であり、マーガレット・サッチャーが最も長い期間首相を務めた者であったとされる。

厳密に解釈すれば、グレートブリテン及びアイルランド連合王国の最初の首相 (Prime Minister) は、ヘンリー・アディントンであった。現在のイギリスであるグレートブリテン及び北アイルランド連合王国の最初の首相はデイヴィッド・ロイド・ジョージであった(ただし、公式にはスタンリー・ボールドウィンが首相であった1927年までの間、国名は改称されなかった)。

首相のポストは漸進的に進化してきたために、「首相」の称号は初期の首相には遡及的にのみ適用される。このことは、時として学術的な議論を起こしている。初代バス伯爵ウィリアム・パルトニーと第2代ヴォルドグレイヴ伯爵ジェイムズ・ヴォルドグレイヴの両名は、首相の一覧に記載されることもある。バス伯爵は1746年にヘンリー・ペラムの辞任を受けて、内閣を組織するために招かれた。ヴォルドグレイヴ伯爵も1757年にウィリアム・ピット(大ピット、第1次デヴォンシャー公爵内閣の最有力人物)の辞任を受けて、同様に招かれた。だが、両者も政府を組織するために十分な議会の支持を得ることが出来なかった。バス伯爵はわずか2日後に、ヴォルドグレイヴ伯爵も4日後に、それぞれ退陣した。現代の学術的な意見は、両者も首相職を保持した人物とは見なされないものとすることで一致しており、首相の一覧にも記載されない。
wikipedia抜粋

「英首相方針」「英首相写真」「英首相夏休み」という言葉が話題です。

英首相の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました