相模原殺傷の事件・死刑判決・被告が話題


相模原殺傷 話題


相模原殺傷とは


相模原障害者施設殺傷事件(さがみはら しょうがいしゃしせつ さっしょうじけん)は、2016年(平成28年)7月26日未明に神奈川県相模原市緑区千木良476番地にあった神奈川県立の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」にて発生した大量殺人事件。元施設職員の男A(犯行当時26歳)が施設に侵入して所持していた刃物で入所者19人を刺殺し、入所者・職員計26人に重軽傷を負わせた。殺人等の罪で逮捕・起訴された犯人の男には、2020年(令和2年)に刑事裁判で死刑判決が言い渡された。

殺害人数19人は、当事件が発生した時点で第二次世界大戦(太平洋戦争)後の日本で発生した殺人事件としてはもっとも多く[注 、事件発生当時は戦後最悪の大量殺人事件として[注 日本社会に衝撃を与えた。
wikipedia抜粋

「相模原殺傷事件」「相模原殺傷死刑判決」「相模原殺傷被告」という言葉が話題です。

相模原殺傷の口コミ

今!バズり中の記事・話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました