複数の感染者の病院・六本木・新型が話題


複数の感染者 話題


複数の感染者とは

スーパー・スプレッダー(英: super-spreader)は、感染症を引き起こす病原体に感染したホストのうち、通常考えられる以上の二次感染例を引き起こす者を指す。スーパー・スプレッダーは、自分以外の多くの人へ感染を拡大させることから、感染症コントロール・感染症疫学上での大きな懸念材料となる。またスーパー・スプレッダーによる多数の感染例を、「スーパー・スプレッディング[—現象/事例」と呼ぶこともある。

スーパー・スプレッダーの存在はパレートの法則(80:20の法則)に従うとされ、この場合20%の感染者が他80%への感染に関与していることになるが、スーパー・スプレッダーの関与割合はこれより高いことも低いこともある。ある感染症でスーパー・スプレッディング現象が発生している場合、接触者追跡(英語版)をしても、往々にして多くの感染者は二次感染をほとんど起こしていない。

スーパー・スプレッディング現象は、集団免疫の低下、院内感染の発生、病原体側の病原性の強さ (virulence) 、ウイルス感染価(英語版)、誤診、飛沫感染、免疫抑制、また他の病原体との重感染など、複数の因子が重なって発生するとされる。

この現象は、2002年から2003年に発生した重症急性呼吸器症候群 (SARS) の流行時に大きく注目されたが、不顕性感染のまま腸チフスを拡散させ続けたメアリー・マローン(「チフスのメアリー」)など、古くからもその例はいくつか存在する。
wikipedia抜粋

「複数の感染者病院」「複数の感染者六本木」「複数の感染者新型」という言葉が話題です。

複数の感染者の口コミ

今!バズり中の記事・話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました