総武快速線の人身事故・遅れ・列車が話題


総武快速線 話題


総武快速線とは

横須賀・総武快速線(よこすか・そうぶかいそくせん)は、神奈川県横須賀市の久里浜駅から千葉県千葉市の千葉駅までを、東京都千代田区の東京駅経由で結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の運転系統名称である。正式路線名称は久里浜駅 – 大船駅間が横須賀線、大船駅 – 東京駅間が東海道本線[注 、東京駅 – 千葉駅間が総武本線である。駅ナンバリングで使われる路線記号はJO。一部の列車は千葉駅から総武本線成東駅、内房線君津駅、外房線上総一ノ宮駅、成田線成田空港駅、鹿島線鹿島神宮駅まで乗り入れている。

本稿では、通勤五方面作戦と総称された混雑緩和プロジェクトの一環として、1972年(昭和47年)7月15日に完成した総武本線の錦糸町駅 – 津田沼駅間複々線化及び1980年(昭和55年)10月1日に開始した通称SM分離(MS分離とも呼ぶ[注 )またはSF直結(以下本稿では前者の〝SM分離〟と表記)と呼ばれる横須賀線と総武快速線の相互直通運転の前後から、これ以降に一体となって運用された列車や車両、運行形態などを記述する。
wikipedia抜粋

「総武快速線人身事故」「総武快速線遅れ」「総武快速線列車」という言葉が話題です。

総武快速線の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました