初感染の日本国内・新型コロナウイルス・和歌山が話題


初感染 話題


初感染とは

伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。

日本では2 – 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20 %で、多くは思春期・青年期で感染する。感染する時期(年齢)によって症状の現れ方が異なり、乳幼児期では不顕性(ふけんせい)感染(病原菌に感染しても症状が現れない)が多く、思春期以降では感染者の約半数に本症がみられる。また、青年期で感染すると発熱や腰痛様々な症状が1ヶ月ぐらい続くと言われている。まれに輸血などにより血液を介して感染する場合もある。

本稿では、EBウイルスによる伝染性単核球症を中心に述べる。
wikipedia抜粋

「初感染日本国内」「初感染新型コロナウイルス」「初感染和歌山」という言葉が話題です。

初感染の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました