オプジーボの副作用・小野薬品・バイオが話題

オプジーボ 事件・事故



オプジーボとは

ニボルマブ(Nivolumab)は、悪性黒色腫治療を目的とし、後に非小細胞肺癌・腎細胞癌に適用拡大された分子標的治療薬の一つで、ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体医薬品であり、当時の京都大学医学部の本庶佑博士の研究チームが開発に貢献した。日本においては2014年7月4日製造販売が承認され、2014年9月小野薬品工業から発売が開始された。商品名オプジーボ。
wikipedia抜粋

「オプジーボ副作用」「オプジーボ小野薬品」「オプジーボバイオ」という言葉が話題です。

オプジーボの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました