ふーりんのレコ大・パプリカ・レコード大賞が話題


ふーりん 話題


ふーりんとは

「パプリカ」(Paprika、pəpríːkə)は、米津玄師の作詞・作曲、プロデュースによる小中学生[注 の音楽ユニット「Foorin」(フーリン)の楽曲。「〈NHK〉2020応援ソングプロジェクト」による応援ソングとして製作された。東京2020公認プログラム。NHK『みんなのうた』2018年8月・9月の曲。2018年8月15日にソニー・ミュージックレコーズからCDリリースされ翌2019年にかけてロングヒットとなり、ミュージック・ビデオ再生回数が1億回を超え、ダンス動画が投稿されるなど、子供から大人まで幅広い年代にわたる社会現象となっている。

「パプリカ 米津玄師バージョン」として米津がセルフカバーし『みんなのうた』2019年8月・9月の曲として公開されたほか、2019年12月・2020年1月の曲として公開されたFoorin team Eによる全編英語歌詞の「Paprika Foorin team E version」、Foorin楽団による「パプリカ Foorin 楽団バージョン」などさまざまなバージョンが制作されている。

「〈NHK〉2020応援ソングプロジェクト」の一環として、音楽ユニット・Foorin(フーリン)歌唱バージョンが2018年7月19日よりYouTubeにてダンスバージョンのPVを、8月9日にはセルフカバー版ミュージック・ビデオのフルサイズを公開。同日にFoorinダンスバージョンが1億回再生突破した。

2019年12月30日、第61回輝く!日本レコード大賞最優秀作品に選出され、大賞を受賞した。
wikipedia抜粋

「ふーりんレコ大」「ふーりんパプリカ」「ふーりんレコード大賞」という言葉が話題です。

ふーりんの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました