モルフェオルフェの江田照男・ルーカス・立志が話題

モルフェオルフェ 話題



モルフェオルフェとは

オルフェーヴル(英: Orfevre、2008年5月14日 – )は、日本の競走馬。

2010年に中央競馬(JRA)でデビュー。主な勝ち鞍は皐月賞、東京優駿、菊花賞(2011年)、宝塚記念(2012年)、有馬記念(2011年、2013年)。2011年に史上7頭目となる牡馬クラシック三冠を制し、同年のJRA賞年度代表馬、JRA賞最優秀3歳牡馬に選出された。2012年・2013年にはフランスの凱旋門賞に出走し、敗れはしたものの2年連続で2着と好走、それぞれの年にJRA賞最優秀4歳以上牡馬に選出された。現役引退後の2014年6月に日本馬として初めて「ロンジンワールドベストレースホース」[注 を受賞し、2015年9月14日、31頭目の顕彰馬に選定された。

馬名はフランス語で「金細工師」の意[注 (仏:Orfèvre)。
wikipedia抜粋

「モルフェオルフェ江田照男」「モルフェオルフェルーカス」「モルフェオルフェ立志」という言葉が話題です。

モルフェオルフェの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました