グーテン星の天狗・テンジョウ・科学が話題


グーテン星 話題


グーテン星とは

モーニングスター(英語: morning star)、あるいはモルゲンシュテルン(ドイツ語: Morgenstern)は、打撃用の武器の一種。日本語では、朝星棒(ちょうせいぼう)、星球式鎚矛(せいきゅうしきつちほこ)、星球武器(せいきゅうぶき)とも言う。

殴打用合成棍棒であるメイスの一種で、名称の由来となった星球(球状の頭部に複数の棘を備えたもの)の柄頭を特徴としている。

メイスは古代から使用される普遍的な武器で、頭部をスパイクで強化する手法もまたよく使われる手法である。メイスやモーニングスターのような殴打武器は、金属鎧に対して刀や剣、槍の類より有効な打撃を与えることができるため、重武装化が進んだ古代西アジアや古代中国・中央アジアで対抗手段としてメイスがよく用いられるようになり、その中で出縁型メイスやモーニングスターに類似する武器が開発された。後に中世西ヨーロッパでもメイスがよく用いられるようになり、13- 14世紀ごろにドイツで生まれたモルゲンシュテルン (Morgenstern) は棘付きメイスから発展した武器で、大型球型の頭部に棘を放射状に配置した柄頭をもっていた。モルゲンシュテルンは完成度の高さから、他の西ヨーロッパ地方へ広がり、16世紀には騎士が使用する一般的な武器の一つになった。また第一次世界大戦では、塹壕戦における無音武器として復活している。
wikipedia抜粋

「グーテン星天狗」「グーテン星テンジョウ」「グーテン星科学」という言葉が話題です。

グーテン星の口コミ

今!バズり中の記事・話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました