宮沢賢治のブラタモリ・花巻・地質学が話題

宮沢賢治 話題



宮沢賢治とは

宮沢 賢治(みやざわ けんじ、正字: 宮澤 賢治、1896年8月27日 – 1933年9月21日)は、日本の詩人、童話作家。

仏教(法華経)信仰と農民生活に根ざした創作を行った。作品中に登場する架空の理想郷に、郷里の岩手県をモチーフとしてイーハトーブ(Ihatov、イーハトヴあるいはイーハトーヴォ (Ihatovo) 等とも)と名付けたことで知られる。彼の作品は生前ほとんど一般には知られず無名に近く、没後、草野心平らの尽力により作品群が広く知られ、世評が急速に高まり国民的作家となっていった。そうした経緯もあって日本には広く愛好者がおり、出身地である岩手県花巻市は彼の故郷として有名である。
wikipedia抜粋

「宮沢賢治ブラタモリ」「宮沢賢治花巻」「宮沢賢治地質学」という言葉が話題です。

宮沢賢治の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました