スワロウテイルのマツコの知らない世界・執事喫茶・お嬢様が話題


スワロウテイル 話題


スワロウテイルとは

『スワロウテイル』は、1996年9月14日に公開された岩井俊二監督の日本映画。

主演は三上博史、CHARA、伊藤歩。架空の歴史をたどった日本にある街を舞台に移民達を描いた作品で、登場人物達が日本語、英語、中国語(そして、それらを混ぜた言語)を話す無国籍風な世界観となっている。また、種田陽平による美術もその世界観に視覚的な説得力を与えており、実際のロケ地も海外・日本などめまぐるしく変わったと言われている。作中で小学生が偽札を行使するシーンが問題となり、映倫のR指定となった。映画と前後して、岩井俊二による同名の小説が発表されたほか、作中のバンドYEN TOWN BAND名義のサウンドトラック『MONTAGE』が発売された。

種田は押井守との対話で架空の東京をつくる際、参考になった映画は唯一『パトレイバー』だったと明かしている。
wikipedia抜粋

「スワロウテイルマツコの知らない世界」「スワロウテイル執事喫茶」「スワロウテイルお嬢様」という言葉が話題です。

スワロウテイルの口コミ

今!バズり中の記事・話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました