ならず者の無頼・市井之徒・傭兵が話題


ならず者 話題


ならず者とは

ならず者(ならずもの)とは、手に負えない者。素行の悪い者。ごろつき。無頼漢(ぶらいかん)などともいう。

また、生産的な職や住所を有していない者に対する不当な蔑称としても用いられる。主体的な職についていない状態を犬と表現することもある。

「ならず者」と家族からみなされると、勘当などの措置が有り得る。また、「ならず者」と社会からみなされた人物は、銀行口座やクレジットカードなど、社会生活で必要なもの、あると便利なものやサービスなどを享受できない可能性が高くなる。これは、日本においては銀行やカード会社の規約の中で言われている「ゴロ」(ごろつき、反社会的勢力)との取引を排除しているケースが非常に多いためである。何をもって当人を「ならず者」とするかの定義はきちんと定まってはいないが、日本では、一般的には街宣右翼、暴力団員がこれに該当する。
wikipedia抜粋

「ならず者無頼」「ならず者市井之徒」「ならず者傭兵」という言葉が話題です。

ならず者の口コミ

今!バズり中の記事・話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました