江戸時代以降の日本人・朝鮮通信使・それが話題


江戸時代以降 話題


江戸時代以降とは

和暦(われき)は、元号とそれに続く年数によって年を表現する、日本独自の紀年法である。邦暦(ほうれき)や日本暦(にっぽんれき、にほんれき)とも。

この手法自体は東アジアで広く行われてきたが、日本独自の元号を用いているため日本固有の紀年法となる。飛鳥時代の孝徳天皇によって西暦645年に制定された「大化」がその始まりであり、以来15世紀に亘って使われ続けてきている。

たとえば、西暦2019年は令和元年に当たる。

また暦法について、明治改暦(明治6年/西暦1873年)で天保暦に代えてグレゴリオ暦を採用して以降は、月日についてはグレゴリオ暦と一致している。
wikipedia抜粋

「江戸時代以降日本人」「江戸時代以降朝鮮通信使」「江戸時代以降それ」という言葉が話題です。

江戸時代以降の口コミ

今!バズり中の記事・話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました