公開初日の校則・ブラック・映画が話題


公開初日 話題


公開初日とは

『カメラを止めるな!』(カメラをとめるな!)は、2017年製作、公開の日本映画。監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品。監督・上田慎一郎にとっては初の劇場長編作品。全編96分。

略称は「カメ止め」。海外タイトルは『ONE CUT OF THE DEAD』。2018年公開時のキャッチフレーズは「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。」「無名の新人監督と俳優達が創ったウルトラ娯楽作」。

予算300万円のインディーズ映画ながら、SNSの口コミ効果で全国公開へと拡大し、国内及び海外の映画賞を数々受賞。2018年の邦画興行収入ランキング7位(31.2億円)というヒット作品となった。
wikipedia抜粋

「公開初日校則」「公開初日ブラック」「公開初日映画」という言葉が話題です。

公開初日の口コミ

今!バズり中の記事・話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました