草間流柔道のスカーレット・喜美子・あき子が話題


草間流柔道 スポーツ


草間流柔道とは

神田 久太郎(かんだ きゅうたろう、1897年12月20日 – 1977年6月15日)は、日本の柔道家(講道館九段)。

柔術を修行して肩車や双手刈といった技に長じ戦前の全日本選士権大会や明治神宮競技大会柔道競技で優勝、戦後も50歳で全日本選手権大会に出場するなど永く選手として活動した、昭和初期を代表する柔道家の1人である。警視庁柔道師範や福島県警柔道師範を務めたほか、1964年の東京五輪柔道競技での強化委員や福島県柔道連盟会長等も歴任した。
wikipedia抜粋

「草間流柔道スカーレット」「草間流柔道喜美子」「草間流柔道あき子」という言葉が話題です。

草間流柔道の口コミ

今!バズり中の記事・話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました