ボール支配率の南アフリカ・日本・ラグビーワールドカップが話題

ボール支配率 スポーツ



ボール支配率とは

ポゼッションフットボール(英: Possession Football)とはサッカーの戦術のひとつである。

ポゼッションとは日本語では「支配率」と訳される。要するに自チームがボールを持っている状態をボールポゼッションと呼ぶ。自チームがボールを持っている限り、相手に得点を奪われる可能性は無いという考え方が元になっており、チーム全体でパスを回して、自チームが常にボールをキープすることで試合の主導権を握る戦術とされているが、ボールを持つ事で守備の機会とその戦術を省略するとすれば、それは守備戦術の欠落した、単に攻撃における原則であり意思統一の方向性に過ぎないとも言える。

現代のサッカーの戦術の多くがそうである様に、この戦術もまたトータルフットボールを基にして考え出されたものだとされている。
wikipedia抜粋

「ボール支配率南アフリカ」「ボール支配率日本」「ボール支配率ラグビーワールドカップ」という言葉が話題です。

ボール支配率の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました