低酸素応答の細胞・ノーベル賞・仕組みが話題


低酸素応答 話題


低酸素応答とは

低酸素誘導因子(ていさんそゆうどういんし、英:Hypoxia Inducible Factor、HIF)とは細胞に対する酸素供給が不足状態に陥った際に誘導されてくるタンパク質であり、転写因子として機能する。癌の病巣においては栄養不足や細胞外pHの低下、血流不足による酸素供給不足(低酸素)状態が認められるが、癌細胞が生き延びるためには新たに血管網を形成することにより病巣への血流を増加し、低酸素状態を脱する必要がある(血流の増加は転移経路の確保にもつながっている)。そのための機能を担うべく低酸素条件下において誘導される転写因子がHIFであり、種々の遺伝子の転写を亢進させる。HIF-αにはHIF-1α、HIF-2α、HIF-3αが存在するが、これらはいずれも細胞内に構成的に発現しているHIF-1βとヘテロ二量体と結合する能力を持つ。HIF-1αは正常酸素圧下でも産生はされるがタンパク質分解酵素複合体である26Sプロテアソームにより分解されてしまうため機能しない。

2019年10月7日、酸素の検出とその適応の発見により、 William G. Kaelin、Jr, Sir Peter J. Ratcliffe、グレッグ・セメンザの3名がノーベル生理学・医学賞の受賞者と発表された。Gregg L. Semenzaは、HIF-1遺伝子のクローニングを行った。
wikipedia抜粋

「低酸素応答細胞」「低酸素応答ノーベル賞」「低酸素応答仕組み」という言葉が話題です。

低酸素応答の口コミ

今!バズり中の記事・話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました