名城線の人身事故・運転見合わせ・名港線が話題


名城線 話題


名城線とは

名城線(めいじょうせん)は、愛知県名古屋市東区の大曽根駅から、同市中区の栄駅、金山駅、同市千種区の名古屋大学駅を経て、大曽根駅までを環状に結ぶ、名古屋市営地下鉄の路線の愛称。名古屋市高速度鉄道第2号線の一部(大曽根 – 栄 – 金山)と、同4号線(大曽根 – 名古屋大学 – 金山)から構成される。ラインカラーは紫(藤色 ■)で、名城線で使用されていた1000形のウインザーイエローの車体に補色である紫色の線が巻かれていたことに由来する。駅ナンバリングで用いられる路線記号はM。

なお、路線としては上記の通り大曽根駅から左回り基準であるが、列車番号はナゴヤドーム前矢田駅から両回り同等、駅番号は金山駅から右回り基準で付されている。

すべての駅でmanaca(2011年2月11日に導入)などの交通系ICカード全国相互利用サービス対応カードが使用できる。
wikipedia抜粋

「名城線人身事故」「名城線運転見合わせ」「名城線名港線」という言葉が話題です。

名城線の口コミ

今!バズり中の記事・話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました