神戸市バスの事故ツイッター・三宮事故・ニュースが話題

神戸市バス 事件・事故



神戸市バスとは

神戸市バス(こうべしバス)は、神戸市交通局が運営するバス(公営バス)路線である。

昭和50年代までは他都市にならって「神戸市営バス」と表現していたが、市民の間では(「営」を付けない)「神戸市バス」の名が定着し、現在では「神戸市バス」で統一されている。これは、市街地路線を中心に、「神戸市電」の廃止路線に代わって「神戸市バス」路線を開設してきたことによる。

なお、かつて神戸市交通局は観光バス事業も運営していたことがあり、これについては「神戸市営観光バス」と(すなわち、「営」を付けて)称していた。しかし、経営改善を理由に廃止された。現在、神姫バスが営業している神戸市内定期観光バスは、神戸市交通局の観光バス事業廃止と同時に運行を開始したものである。

神戸市バスにはオリジナルキャラクターが存在する。名前は「ばっしー君」。
wikipedia抜粋

「神戸市バス事故ツイッター」「神戸市バス三宮事故」「神戸市バスニュース」という言葉が話題です。


https://twitter.com/9CYEuPLex5AMrUi/status/1117743934778642432


https://twitter.com/DobuEbiOC/status/1119848412843634688

神戸市バスの口コミ

コメント

  1. この事故はバスの車種や事故を起こしたときの車両の進み方から見て、よくある「ペダルの踏み間違い」による事故ではないと推定できます。この車種はUDの最終車種(ドア側後部にある田の字型の4分割ルーバーが特長)でAT車です(当車種はMTが基本ですが、オプションでATも存在します)。この事故の最大のポイントは車種がAT車であることではないかと思います。画像で見ると事故当時ゆっくりしたスピードで直線的に進んで柱にぶつかるということでしたが、これはAT車特有のクリープ現象ではないかと思います。シフトがニュートラルになっているときにブレーキペダルをはなすとトルクの影響で自然にゆっくりと前進する現象です。「ブレーキペダルを離すと急に動き出す」と言っていましたが、これがまさにクリープ現象です。ちなみに踏み間違いだった場合、池袋の事故のように猛スピードで急発進すると考えられます。バス車両の場合、AT車はまだまだ少数派で圧倒的にMT車の方が多数を占めています。今回のケースの場合は自分の予想としてはAT車と意識しながらもMT車感覚で運転したが故に事故を起こしたバスドライバーならではの特有な事故だと想定されます。AT車の思わぬ落とし穴(クリープ現象)が悲劇をもたらしたものではないかと思います

タイトルとURLをコピーしました