酒の悪魔のデビルハンター・おれ・無職が話題

酒の悪魔 話題



酒の悪魔とは

アブサンまたはアブサント、アプサン、アブシンス(仏: absinthe [apsɛ̃t) 英語: [ˈæbsɪnθ, -sæ̃θ))は、フランス、スイス、チェコ、スペインを中心にヨーロッパ各国で作られている薬草系リキュールの一つ。ニガヨモギ、アニス、ウイキョウなどを中心に複数のハーブ、スパイスが主成分である。

名前はギリシア語の “ἀψίνθιον”(”apsínthion”、ヨモギの意)に由来する。

日本では、有名な商品名であるペルノー (仏: pernod) を一般名詞的に呼ぶ場合がある。ペルノーという呼び方は、同社のもう一つの有名な商品であるアニス酒を指すこともある。

また、フランスの老舗メーカーであるディスティルリー・エ・ドメン・ド・プロヴァンス社が製造するABSENTE / アブサント(日本の輸入代理店はマルカイコーポレーション)も近年、日本での取り扱いが増えている。

50年代から、90年代前半にかけて、サントリーやモンデ酒造などの国内メーカーからも販売されていたが、現在では製造されていない。

2015年には、ニガヨモギの代わりに日本のヨモギを使用して作られた、和ぶさんがクラウドファンディングによって商品化されている。

2020年にディスティルリー・エ・ドメン・ド・プロヴァンス社はアブサンの裾野を広げるべく、アルコール度数26度のアブサントを商品化した。
wikipedia抜粋

「酒の悪魔デビルハンター」「酒の悪魔おれ」「酒の悪魔無職」という言葉が話題です。

酒の悪魔の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました