プテラノドンの恐竜の日・好き・モササウルスが話題

プテラノドン 話題



プテラノドンとは

プテラノドン(Pteranodon、「歯のない翼」の意)は、中生代白亜紀後期(約8,930万 – 7,400万年前。詳しくは、中生代白亜紀後期前期 – 同後期、コニアク階 – カンパニア階。年代の詳細は「地質時代」で確認可能)に生息していた翼竜の一種(1属)。

翼指竜亜目(プテロダクティルス亜目)- オルニトケイルス上科- プテラノドン科に分類するのが一般的だが、オルニトケイルス上科をオルニトケイルス亜目(もしくは、プテラノドン亜目)として翼指竜亜目と区別する説もある。

多くの化石は北アメリカのカンザス州、アラバマ州、ネブラスカ州、ワイオミング州、サウスダコタ州で発見される。日本の北海道でも断片が見つかっていることから、本属または近縁種は広範囲に分布していたと推測されている。

恐竜、翼竜をテーマにした小説や漫画、映画などによく登場しており、一般に最もよく知られている翼竜の一つであり、代表的かつ象徴的な存在である。

代表種の一つだった P.sternbergiがゲオステルンベルギア Geosternbergiaという独立属になったため、現在は P. longiceps 一種のみで知られている。
wikipedia抜粋

「プテラノドン恐竜の日」「プテラノドン好き」「プテラノドンモササウルス」という言葉が話題です。

プテラノドンの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました