差し戻しのマジで・???・上位互換が話題

差し戻し 話題



差し戻しとは


ウィキペディア日本語版のヘルプページです。
ウィキペディアの記事を以前の版に戻す手段(リバート、revert)には主に取り消しと差し戻しがあります。ある版だけを取り消すことを取り消し、過去の版に戻すことを差し戻しといいます。ただし、方法に関わらず他者の編集を元に戻すことをひっくるめて「差し戻し」と呼ぶ場合もあります。

取り消しや差し戻しを行うときは、例えば記事が乱暴に破壊されたり、編集ミスなど不適切に改変されてしまった場合などです。一般に、これらの行為は荒らし行為への対処として推奨される行為です。通常の投稿者が記事に対して寄与すると確信して行った編集への対処としては、推奨される行為ではありません。編集された内容に疑問がある場合は、まずノートページなどで議論を提起してください。要約欄に理由を書けば取り消したり差し戻したりしてもいいということではありません。議論では礼儀を忘れず、白熱しても冷静に対応してください。

取り消しや差し戻しは、熟慮をもって決定すべきことです。これらは、主に荒らし行為(またはそれに類似する行為)に対処するために使用するものであり、そうすることが適切かどうか確信が持てない場合は、すぐに取り消しや差し戻し、あるいは編集で元に戻すのではなく、まずノートなどで議論をしましょう。単純な編集内容について不満を感じる場合は、取り消したり除去するのではなく、記事内容を改善してみましょう。

単に論争の一環として取り消しや差し戻し、あるいは編集で元に戻してはいけません。他の編集者・投稿・観点に敬意を払いましょう。あなたと対面している編集者がウィキペディアへの貢献になると考えて行った編集であるならば、それらの投稿を取り消したり差し戻したりすることは不適切です。単なる意見の相違は、差し戻されるべき根拠にはなりません。あなたが編集者として確固とした客観的な証拠を持っている場合でも、それをノートで示し編集者の真意を問うべきです。

一般的に、ある編集の一部に問題がある場合、全て取り消しや差し戻しをするのではなく、それらが有用な情報を含んでいる場合は、単純に記事を修正すべきです。取り消しや差し戻しは、気軽に決定してよいことではありません。

時々、ある加筆が真実あるいは有用なのか判断するのに悩むことがあります。特に、この話題について精通している人がウィキペディア上であまりいない場合です。このような場合も、ノートページで異議を唱えるのがよいでしょう。偏った内容にみえる部分の加筆者が、異議に耳を傾けずほとんど議論に応じない時は、問題となっている文章をノートページへ移動し、加筆者の返答を待つ方法を採るのもよいでしょう。しかし、この方法は多かれ少なかれ最後の手段として行われるべきで、決して偏りを指摘し加筆者を罰するための手段として行ってはなりません。

特定の版だけ取り消しを行うことができます。これを行うには、履歴ページ、または編集の差分ページを表示し、新しい版側にある「取り消し」のリンクをクリックします。こうすると、可能であれば、その版で加えられた編集のみを取り除き、その版の後に加えられた編集は保持されたバージョンの編集ページが作成されます。また、「$2 (会話) による ID:$1 の版を取り消し」という編集の要約が自動的に付加されます。取り消し対象の編集を行った利用者の利用者名が不適切である場合には、自動的に付加された要約に不適切な利用者名が残ってしまう場合があるため、投稿前に要約欄の確認を行い必要であれば要約欄から利用者名を除去してください。その後、投稿ボタンをおすと作業完了です。

この機能を使うと、問題のある編集を取り消す時に、その編集よりも後の有益な変更を手動でやり直す必要がなくなります。しかし、取り消したい編集がその後の編集と競合する場合は、自動的な取り消しはできません。例えば、版1000で問題のある段落が追加され、版1005でその段落の一部に問題のない改変が加えられていた時には、版1000の段落を取り消すことは不可能になります。このような場合は、手動でこの問題を解決する方法を見つけださなければなりません。

ある版以降の編集を全て取り除き、記事を以前の版に差し戻すには、以下の手順に従います。

上記の手順通りに行っていない、上記の通りに行っていても差し戻しと同時に文章の加筆や修正を行っている、あるいは間違った版に差し戻しをしてしまったなどの場合は、差し戻しが正常に行われなかったと判断される場合があります。ただし、上記の手順に従っていなくても差分表示によって差し戻したことが確認できる場合は、差し戻し相当に当たると判断される場合もあります。

差し戻しでは編集競合は起こりません。もし、あなたが編集ボタンを押してから差し戻しが完了するまでに誰かがそのページを編集したら、その人の編集内容は上書きされてしまいます(ページの編集履歴には残ります)。社会的に注目を受けている項目のページなど、編集頻度の多いページでは気を付けてください。逆に、あなたの編集を誰かが除去したように思われるときは、単に不運な差し戻しによるものではないだろうかと考えてください。

投稿者同士で記事の取り消しや差し戻しを頻繁に行い合うことを編集合戦と呼んでいます。

取り消しや差し戻しは主に荒らし行為への対処として行うものですが、もし編集合戦が起きそうになった場合は、お互いに他の尊敬するウィキペディアンたちに声をかけて、見てもらえるように頼んでみてください。コミュニティ全体が、編集合戦する2つの版のうちのどちらに同意しているかを相手に示すという、実のある効果を得られるでしょう。また、止むを得ず差し戻す場合には、2人以上で差し戻すことでそれが単独の反対運動ではなく、コンセンサスに近いものだと示せます。それでもあなたと助っ人の両者が3度にわたって差し戻さなければならなかったら、たぶんその時はそのページの保護を依頼すべき時です。

荒らし行為でなく、それが考え方の相違であるなら、なおさら編集合戦は無意味ですし双方にとって不愉快であり不名誉です。取り消しや差し戻しを実行するのではなく、歩み寄りの手立てを探ってください。編集合戦で記事を破壊するのではなく、そうした手立てに時間と思考を費やすほうが、有意義で互いに納得できる記事に近付くことができます。高頻度の編集合戦が起こると、記事への信憑性は薄れ、ページの編集履歴は無駄な内容で溢れかえります。早く収束すれば、こういった問題は少なくすみます。過度の編集合戦が行われるとページの保護のほか投稿ブロックの方針によりその編集者がブロックされる場合があります。その前にまずノートページで論議しましょう。ノートで議論する場合は、一定期間論争が起こらなかった版へ一旦戻して議論すべきです。このときも礼儀を忘れず、決して腕ずくで解決しないようにしましょう。

管理者と巻き戻し者は巻き戻し(ロールバック、rollback)機能を使用して、ページの差し戻しを簡単に行うことができます。この機能を用いると、「$2 (会話) による版を $1 による版へ巻き戻し」という要約が自動的に付加されます。この機能は、編集内容をいちいちチェックする必要がないような既知の荒らしに対応する場合に役立つ一方、単純な中立的な観点問題に対しては差し戻しの理由が要約欄で提示できないため問題になる場合があります。

この機能の詳細はHelp:管理者マニュアル ロールバックをご覧ください。
wikipedia抜粋

「差し戻しマジで」「差し戻し???」「差し戻し上位互換」という言葉が話題です。

差し戻しの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました