三億円事件のワールド極限ミステリー・犯人・番組が話題

三億円事件 話題



三億円事件とは

三億円事件(さんおくえんじけん)は、1968年(昭和43年)12月10日朝、東京都府中市で金融機関の現金輸送車に積まれた約3億円の現金が白バイ警察官に扮した男に奪われた窃盗事件である。正式な事件名は「現金輸送車強奪事件」である。通称では「三億円強奪事件」と呼ばれる。後に有楽町三億円事件・練馬三億円事件との区別のため、「府中三億円事件」とも呼ばれることがある。犯人検挙に至らなかったことから1975年(昭和50年)12月10日に刑事訴訟法250条に於ける公訴時効が成立し未解決事件となった。また1988年12月10日には、除斥期間の経過により損害賠償請求権も消滅した。

日本犯罪史において最も有名な事件に数えられ、「劇場型犯罪」でありながら完全犯罪を成し遂げ、フィクションやノンフィクションを問わず多くの作品で取り上げられている。
wikipedia抜粋

「三億円事件ワールド極限ミステリー」「三億円事件犯人」「三億円事件番組」という言葉が話題です。

三億円事件の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました