お隣の天使様の人間・第3話・駄目が話題

お隣の天使様 話題



お隣の天使様とは

『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件』(おとなりのてんしさまにいつのまにかだめにんげんにされていたけん)は、佐伯さんによる日本のライトノベル。小説家になろうにて、2018年12月から2021年7月まで連載されていた(ウェブ版は休止)。書籍版はGA文庫(SBクリエイティブ)より2019年6月から刊行されており、イラストは1巻販売時は和武はざのが担当していたが後に本人より降板の申し出があったため、2巻よりはねことが担当することとなり、それ以降に販売される1巻のカバーイラストもはねこと作画の物に変更されている(挿絵は変わらず)。略称は「お隣の天使様」。

『このライトノベルがすごい!』文庫部門では2020年版から2年連続で10位、2022年版で6位、2023年版で4位を獲得。2022年12月時点でシリーズ累計発行部数は100万部を突破している。

メディアミックスとして、芝田わん作画、優木すず構成によるコミカライズが2022年1月6日より『マンガUP!』にて連載中[注 。また2023年1月からはテレビアニメが放送中。
wikipedia抜粋

「お隣の天使様人間」「お隣の天使様第3話」「お隣の天使様駄目」という言葉が話題です。

お隣の天使様の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました