Wキャストの最高・好き・すりが話題

Wキャスト 話題



Wキャストとは

『ダブルキャスト』(Double Cast)は、1998年6月25日にソニー・コンピュータエンタテインメントより発売されたPlayStation用アドベンチャーゲーム。フルボイス・フルアニメーションでドラマが展開する『やるドラ』シリーズの1作目である。

本作は記憶喪失になったヒロインを軸としたサスペンス作品であり、暴力シーンやグロテスクな表現が含まれている。また、PlayStationで発売された『やるドラ』シリーズ4作品は四季を題材としており、本作は夏を舞台としている(その後、春を舞台とした『季節を抱きしめて』、秋を舞台とした『サンパギータ』、冬を舞台とした『雪割りの花』が発売された)。

劇中の全シーンがアニメーションで展開するが、企画・原作・アニメーション制作はアニメ映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』や『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』などを制作したProduction I.Gが担当した。

徹底してフルボイス・フルアニメーションで展開したこと、発売元がソニーだったこと、テレビアニメ『機動戦艦ナデシコ』で知られる後藤圭二がキャラクターデザインを担当したことなどが話題になった。

1998年には、ゲーム雑誌『週刊ファミ通』新作ゲームクロスレビューにてシルバー殿堂入りした。
wikipedia抜粋

「Wキャスト最高」「Wキャスト好き」「Wキャストすり」という言葉が話題です。

Wキャストの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました