池袋・暴走事故遺族の池袋暴走・東京地裁・懲役が話題

池袋・暴走事故遺族 話題



池袋・暴走事故遺族とは


東池袋自動車暴走死傷事故(ひがしいけぶくろ じどうしゃぼうそうししょうじこ)は、2019年(平成31年)4月19日に東京都豊島区東池袋四丁目で発生した交通事故(自動車暴走死傷事故)。報道では池袋暴走事故と呼称される。逮捕や容疑者呼称などに関する誤解や、SNSにおける加害者やその家族、被害者遺族への誹謗中傷も問題となった。また、この事件を契機に高齢者の運転免許証の自主返納が増加したとされる。

乗用車を運転していた飯塚幸三(当時87歳)が、ブレーキとアクセルを踏み間違えたことによって車を暴走させ、交差点に進入。歩行者・自転車らを次々にはね、計11人を死傷させた(母子2人が死亡、同乗していた飯塚の妻を含む9人が負傷)。加害者である飯塚自身も負傷し、入院したが、退院後に自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で書類送検・在宅起訴された。

東京地方裁判所における刑事裁判で、飯塚(刑事裁判の被告人)および弁護人は「車に電子系統の異常が起き、ブレーキが効かなくなった」として無罪を主張したが、検察官はその主張を否定し、「事故の原因は、被告人がブレーキとアクセルを踏み間違えたことだ」として、禁錮7年(法定刑の上限)を求刑。2021年(令和3年)9月2日、東京地裁は検察側の主張(被告人による過失)を認め、禁錮5年の実刑判決を言い渡した。弁護側・検察側とも控訴せず、判決は同月17日に確定した。
wikipedia抜粋

「池袋・暴走事故遺族池袋暴走」「池袋・暴走事故遺族東京地裁」「池袋・暴走事故遺族懲役」という言葉が話題です。

池袋・暴走事故遺族の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました