痴漢チャンスデーの受験生・書き込み・共通テストが話題



痴漢チャンスデーとは

痴漢(ちかん、チカン)とは、他者にみだらないたずらをすることである。痴漢行為。電車やエレベーター、夜道などで相手の体に触れたり抱きつく、また自身の下半身を露出させて相手の反応をみて楽しむなどの行為で、性犯罪に当たる。性的暴行、性暴力の一つでもある。女性の痴漢は痴女である。

人物を指す言葉としての「痴漢」は、女性にみだらないたずらをしかける男のことをいう。現代日本においても女性の方が遭いやすい行為であり、法的にも女性への痴漢行為が先行して取り締まられてきた経緯があるが、現在は法的に男女の区別はない。

痴漢は日本特有の犯罪と見なされることもあるが、中国、韓国、欧米、中南米など多くの国で痴漢が起きており、公共交通機関での性的嫌がらせや性暴力などを理由に女性専用車両の検討や導入がなされているため、痴漢は特に日本にだけ限られた行為ではない。
しかし、イギリスでは日本に観光する自国民に「通勤電車内の女性乗客への不適切な接触やchikanの報告は、かなり一般的である」(英国政府公式サイト)と注意喚起があった状況にあり、日本での性犯罪の取り締まりが強化により小児性愛者等の多くが、逮捕リスクの少ない「電車内のわいせつ行為」に集中したとの意見も見られる。「CHIKAN(痴漢)」が、「KAROSHI(過労死)」などに続き国際語化する可能性と、カントリーリスクだと報道されている。

平成24年の迷惑防止条例等違反のうち痴漢行為の検挙件数(電車内以外で行われたものを含む。)と電車内における強制わいせつの認知件数を合わせた数は、4,250件である。痴漢外来を設ける原田隆之医師によると、この犯罪件数は日本固有の状況であり満員電車と日本女性の泣き寝入りという事情につけ込んだ犯罪としている。また「精神障害の診断と統計マニュアル」(DSM-5)及びWHOの「国際疾病分類」(ICD-11)では窃触障害として性依存症に分類される。

痴漢問題については、警察庁が実施したデータによると、過去1年間に痴漢被害にあった人の89.1%が警察に通報・相談をしていないという多くの女性が被害に遭う一方で、メディアが冤罪被害ばかりを取り上げる状況を、牧野雅子は日本の男性メディアは1990年代までは痴漢という性暴力を娯楽として特集を組み楽しんでいたが、えん罪被害者という男性に配慮するようになり、現在は冤罪被害者としての男性像を強調し、これまでの加害をなかったことにしていると指摘している。中学生時代に被害に遭った女性は、自身の態度や服装が犯罪を誘発しているかのように言われた。現在でも痴漢をはじめとした性暴力が軽視されたり自己責任論になることを問題視している。
wikipedia抜粋

「痴漢チャンスデー受験生」「痴漢チャンスデー書き込み」「痴漢チャンスデー共通テスト」という言葉が話題です。

https://twitter.com/Shadow750y_zl/status/1613176510424436738

痴漢チャンスデーの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました