トルフィンのヴィンランド・サガ・エイナル・奴隷が話題

トルフィン 話題



トルフィンとは

ソルフィン・カルルセヴニ・ソルザルソン(またはソルフィンヌル・カルルスエヴニ・ソルザルソン[注 ; 古ノルド語:Þorfinnr Karlsefni Þórðarson, アイスランド語:Þorfinnur Karlsefni Þórðarson, 英:Thorfinn Karlsefni Thordarson, 970年 - ?)は、アイスランドの商人あるいは探検者。1010年頃、約60人または160人の移民を率いて、レイフ・エリクソンが発見した新大陸ヴィンランドへの航路をたどり定住計画を企てた。この試みは数年のみで長続きはしなかった。

ソルフィンの遠征の前に、ヴィンランド遠征は5回試みられた。1回目の試みは赤毛のエイリークの子であるレイフが行い、2回目の試みはソルヴァルド(英語版)が行った。それに次ぐ3回目の試みはソルステイン(英語版)が行ったが到達できず、その冬にグリーンランドにて病に倒れ死亡し、失敗となった。このソルステインの未亡人であるグズリーズと結婚したソルフィンは、4回目の試みを行い、レイフとソルヴァルドに次ぐ3回目の成功を果たすことになる。その後も遠征は続けられ、レイフの異母姉妹フレイディースが遠征したとされている。

ソルフィンとグズリーズの夫妻がヴィンランドに逗留中、子であるスノッリ(英語版)が生まれた。
wikipedia抜粋

「トルフィンヴィンランド・サガ」「トルフィンエイナル」「トルフィン奴隷」という言葉が話題です。

トルフィンの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました