茂木社長のなつぞら・マダム・亜矢美が話題

茂木社長 話題



茂木社長とは

茂木 友三郎(もぎ ゆうざぶろう、1935年(昭和10年)2月13日 – )は、日本の経営者。キッコーマン株式会社取締役名誉会長・取締役会議長。父はキッコーマン中興の祖・茂木啓三郎元社長。茂木賢三郎独立行政法人日本芸術文化振興会理事長は弟。

コロンビア大学コロンビア・ビジネス・スクールで経営学修士の学位を修得し、コロンビア大学名誉理事も務めた。日本経済団体連合会常任理事、経済同友会終身幹事、文部科学省中央教育審議会副会長、産業教育振興中央会会長、慶應義塾評議員・理事、日本国際フォーラム顧問、日本経営協会会長等を歴任。

2014年6月に公益財団法人日本生産性本部会長に79歳という異例の老齢で就任した。同財団に事務局を置く新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)共同代表、日本アカデメイア共同塾頭でもある。
wikipedia抜粋

「茂木社長なつぞら」「茂木社長マダム」「茂木社長亜矢美」という言葉が話題です。

茂木社長の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました