消費税率引き上げの政府方針・低所得者子育て・経済対策策定が話題

消費税率引き上げ 話題



消費税率引き上げとは

消費税(しょうひぜい、(英: consumption tax)は、商品の販売やサービスの提供などの取引に対して課税される税である。日本国では1989年の消費税法で導入され、消費税税率1%の上下で約2.6兆円の税収が増減する。事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡、資産の貸付け及び役務の提供、商品の販売や運送、広告など、対価を得て行う国内の取引のほとんどは課税の対象となり、外国から商品を輸入する場合も課税される。

日本における消費税は、諸外国の付加価値税(value-added tax, VAT)に相当する税制度である。付加価値税(消費税)はフランスで1959年に初めて導入され、その後160カ国以上で導入、OECD加盟国で付加価値税(消費税)を導入していないのは州ごとに税制が大きく異なり、売上税(sales Tax)と物品税(excise tax)[注釈 が導入されているアメリカ合衆国のみである。州税と地方税の合計である売上税の税率は各州の市ごとに0%~10%と異なっている。

消費税(付加価値税)とは財貨・サービスの取引により生じる付加価値に着目して課税する仕組みである。2012年時点でOECD諸国の平均では付加価値税は税収の約31%を占めており、これはGDPの6.6%に相当する。EUの加盟国には付加価値税の標準税率を15%以上にすることが義務付けられている。
wikipedia抜粋

「消費税率引き上げ政府方針」「消費税率引き上げ低所得者子育て」「消費税率引き上げ経済対策策定」という言葉が話題です。

消費税率引き上げの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました