岸田離れの自民党・野党・内閣改造が話題

岸田離れ 話題



岸田離れとは

岸田 吟香(きしだ ぎんこう、1833年6月15日(天保4年旧暦4月28日)、一説に同天保4年旧暦4月8日(1833年5月26日)- 明治38年(1905年)6月7日は、日本の新聞記者、実業家、教育家。美作国久米北条郡垪和村(現岡山県久米郡美咲町)出身。目薬「精錡水」を販売するなど、薬業界の大立者としても知られる。

1872年(明治5年)に卵かけご飯を食べた日本で初めての人物とされ、周囲に卵かけご飯を勧めたとされる。なお江戸後期の天保9年(1838年)には鍋島藩の『御次日記』において、客人に饗応された献立に「御丼 生卵」が見られる。

幼名を辰大郎。名前は大郎、大郎左衛門、達蔵、称子麻呂、清原桜、作良(さくら)、さくら、まゝよ、銀次あるいは銀次郎などがある。また墨江岸国華、墨江桜、墨江岸桜、岸国華、岸吟香、岸大郎、岸桜、小林屋銀次、岸田銀治、岸田屋銀治、京屋銀治郎、桜井銀治郎などとも名乗った。号は吟香、東洋、桜草。筆名には吟道人がある。
wikipedia抜粋

「岸田離れ自民党」「岸田離れ野党」「岸田離れ内閣改造」という言葉が話題です。

岸田離れの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました